電子書籍と紙の書籍の違いについて知っておこう

インターネットの普及は、日常生活の様々なシーンで大きな変革をもたらしています。中でも、インターネットでダウンロード可能な電子コミックの登場は、書籍の概念を大きく変えました。電子コミックは、紙書籍に比べて安価に手に入れることができます、また、モバイルやタブレットへデータ形式でダウンロードすることで、紙書籍のように作品数が増えてもかさらばらず保管スペースが不要なところも大きな魅力です。書店購入と異なり、ネット&クレジット決済のシステムならば、非対面で作品を購入できるので、人には知られたくない作品も気軽に購入できます。まるでお気に入りのライブラリーを持ち歩く感覚で、いつでもどこでも読みたい作品を楽しめる電子コミックは、これからますます市民権を得ていくことでしょう。

他人のレビューが見れる

書店にずらりと並ぶコミックの数々…。店員のオススメなど、一部の作品にはポップで簡単なレビューが紹介されていたりしますが、その他多くの作品は、実際に読んでみないとわかりません。アタリハズレの差も大きいところがあります。そういったリアル書店でありがちな悩みを一掃してくれるのが、電子コミックサイトの作品レビューです。最近は、利用者から寄せられるクチコミをユーザーレビューとして公開しているサイトも多く、作品をチョイスする上での参考ポイントになっています。作品のあらすじにふれるようなレビューはテーマに「ネタバレ」表示がされているので、これから物語を楽しみたい方も安心です。

ガラケーでも読める電子書籍

安価に楽しめる電子コミック愛読者の中には、ガラケー派が多いのをご存じですか?実は、電子コミックの世界は、この10年間、ガラケーユーザーによって支えたれてきた歴史があります。スマートフォン対応版も増えていますが、電子コミックは、書籍版の作品をもとに、ガラケーの画面サイズにマッチするようなコマ割に再構成されているものがまだ多くあります。ガラケーの機能を活かして、コマが縦横にスライドしたり、セリフや場面展開に合わせてバイブレーションが入ったりするので、より直観的に作品を楽しむことができます。